「一致団結しない」
チームというあり方

アソブロックでは、「人の成長を支援する」ためにチームを編成しています。「人が成長するためには、起業するのが近道である」という考えのもと、起業に極めて近い、チームが「ひとつの小さな会社」であるような体制を取っています。現在アソブロックには4つのチームがあり、それぞれのトップに4人のプロデューサーがいます。彼らは、自分たちの更なる成長に向かいつつ、チームメンバーの成長のために日々邁進しています。「チーム」という概念は、ともすればなれ合いだったり、従属的だったりします。しかし、アソブロックにおいては、それよりも「人の成長を支援すること」のほうが重要です。なので一致団結することがチームの目的ではないことを、各々が意識したチーム編成をしているのです。

団チーム

「チイキ」や「カゾク・コドモ」を中心に、アソブロックの全領域を担うアットホームな5人組

団をチームリーダーとする、アットホームな5人からなるチーム。アソブロックの全領域を担っており、特に「地域活性(チイキ)」、「家族支援(カゾク・コドモ)」領域をメインで行っている。家族支援のプロジェクトが多いからか、メンバーもまるで家族のような佇まいを醸し出しており、団いわく、父親的な団を筆頭に、やまさき(母:何も言わなくても分かってくれる存在)、下島(大学生:もうすぐ独り立ちする)、稲垣(小学生:元気いっぱいな娘)、はまぐち(親戚のおばちゃん:みんなが大好きなお世話好き)というキャラクター性を持っているそうだ。

  • 団 遊(プロデューサー)

    アソブロック代表であり、団チームのチームリーダーを担当。モノやコトをつくるプロセスが、関係する人の「育ちの場」になると考え、「あらゆる人に成長の機会を提供すること」をモットーとしている。名前からも分かるように、人生を「アソブ」ために生まれた男。

  • 下島 敦

    2015年入社のディレクター。幼稚園・保育園を中心とした「カゾク・コドモ」領域を担当。「子どもが幸せでいられる社会は、きっといい世の中である」と考えており、子どもの環境をより良くするべく日々精進している。プライベートでは三児の父で、キャンプや海にいくことが好き。

  • 濱口 さえこ

    2013年入社。主に出版事業『ホンブロック』を担当。いつもマクロなトリの目、ミクロなアリの目でものごとを多角的に見ることを意識している。また、「saeco」の名で裂き織りのバックや小物などを作る作家としても活躍、ワークショップなども開催している。二児の母で、趣味は植物観察。

  • やまさき 薫

    2005年に経理として入社、途中2度の出産を経て、現在は出版事業『ホンブロック』の広報と、総務全般を幅広くこなす。また、アソブロックとは別に、ものづくりアトリエ「ヤマコヤ」を主宰。くらしの中から生まれる絵やデザインを、シルクスクリーンや工作で表現している。

  • 稲垣 佳乃子

    2017年入社のルーキー。媒体に囚われず「編集」で社会解決をするアソブロックのスタイルに惹かれて入社。現在は主に団のアシスタントとして、Webディレクション、メディア運用、コンテンツ制作を担当している。「はい、喜んで!」の精神を持つ、元気いっぱいのいじられキャラ。

安井チーム

「ヒト・ソシキ」を中心に、マーケティングからブランディングまでを横断するクールギャングたち

安井をチームリーダーとする、極めてクールなメンバーを擁するチーム。「人と組織(ヒト・ソシキ)」領域である、インナーも含めたコーポレートブランディング、採用関連に多く携わる。最近では「マーケティング×編集」をコンセプトに企業の編集部立ち上げ支援プロジェクトを発足。独自の編集概念を企業にインストールするといった展開も増えている。メンバーのやりたいことを事業化することで、それぞれの強みを活かしながら、チームの業務領域を拡張し、同時にメンバーの成長にも寄与する、というスタイルを持つ。

  • 安井 省人(プロデューサー)

    安井チームのチームリーダー。2004年からアソブロックに参加。「環境理解からはじめるモノづくり」を主軸に、企業の組織・人事領域などをはじめ、あらゆるプロジェクトを担当。「本質的な課題解決に向き合うこと」を信条とし、誰も喜ばない制作には関わらない。「メンバーのやりたいことをどう仕事化するか」を日々考えている。

  • 阿部 俊介

    3年半の社会人修行を経て、大学時代にアルバイトをしていたアソブロックに2009年から参加した出戻りメンバー。ディレクター兼マーケティング担当。「5分で終わらない仕事はない」を信条とし、世界をよりよい場所にするため日々奮闘中。趣味は曲をつくって歌うこと。

  • 林 洋平

    2012年入社。『ヒト・ソシキ』領域において、企業の採用支援のディレクション、企業研修等を担当。クライアントにとって、そのモノ・コトに触れる対象者を意識することを大事にしている。元劇団員でもあり、伝説の旅番組『フジヤマツアーズ!』にも出演していた、根っからの旅好き。

南木チーム

業務領域に限定されない「未知の領域」を求めるフロンティア集団

南木をチームリーダーとし、「地域活性(チイキ)」「人・組織(ヒト・ソシキ)」に主軸を置きつつも、業務領域に限定されない「未知の領域」を開拓し続けるフロンティア集団。団や安井のもとで培った独自の経験を活かし、アソブロックのフォローする領域を常に更新すべく、新たなチャレンジに邁進している。

  • 南木 威範(プロデューサー)

    南木チームのチームリーダー。2004年入社。団および安井プロデュース案件に多く携わった経験を経て、2007年からプロデューサー。「ヒト・ソシキ」「チイキ」などを担当しつつ、アソブロックの新しい領域にチャレンジし続けている。2014年には「YOU'LL RECORDS(ゆるレコ)」を立ち上げ、アーティスト・グループのプロデュースも担当。

奥居チーム

「ヒト・ソシキ」の「より良く生きる」を支援する、人材・採用領域のスペシャリスト

奥居をチームリーダーとする、「人・組織(ヒト・ソシキ)」領域の、中でも人材・採用領域に強みを持つチーム。人材系の企業を経験した奥居の強みを活かし、組織の役員・社員インタビューによる課題抽出から人員計画、研修領域、人材領域の新規事業などに携わる。奥居いわく「『より良く生きる』を支援する」「『伝わらない』を『伝わる・動かす』へ」の二点がチームの仕事領域である。

  • 奥居 初音(プロデューサー)

    奥居チームのチームリーダー。人材系企業を経て2009年に入社。団チームのディレクターを経て、2011年よりプロデューサー。人材採用、教育、組織支援、マーケティングなど組織に関わるあらゆることをカバー。アソブロックには月に2回程度出社し、本人いわく、「アソブロック的に一番何をしているのかよくわからない人」。

お気軽にご相談ください。

お問合わせはこちら