「一致団結しない」
チームというあり方

アソブロックは自助があって互助が機能すると考えています。そのため、個が輝くことを徹底的に応援しています。「人の成長を支援することは、自分を助けることである」ということに確信を持っています。メンバーはそれぞれの場所で活躍をしており、自立した個人です。しかし、誰かがピンチに陥った時には、いの一番に駆け付けます。常に自分以外の誰かのことを真剣に考えています。フリーランスの自由さと、組織が持つ安全・安心を併せ持つハイブリットな場を志向するアソブロック。経済効率だけを考えれば、ここにいる必要はないけれど、なんだか離れ難い。いつまでも付かず離れずの関係で一緒に歳を重ねたい。そんな、ほとほと説明が難しい関係性が当たり前のアソブロックのこと、より詳しく知りたい人は、ぜひ下記のメンバーに聞いてみてくださいね。

阿部 俊介(プロデューサー&スペシャリスト兼務)

あべしゅんすけ/1982年東京都生まれ。#BtoBマーケティングコンサルタント #マーケター #コンテンツマーケティングディレクター #カスタマーサクセス専門家 #兼業課長 #ダサいもの研究家 #巨大仏愛好家 #シンガーソングライター #ハッシュタグで文章つくるタイプの人になってみたかった会副会長 #肩書の多い人を信用しない会会長

更なる詳細はアソブロペディアへ

奥居 初音(プロデューサー)

おくいはつね/1984年東京都生まれ。人材系企業を経て、2009年「芥川賞への近道」と考えアソブロックに合流。2011年よりプロデューサーに。「よりよく生きるを支援する」「伝わらないを伝わる、動かすへ」を事業ドメインとし、人材採用、教育、組織支援、マーケティング領域で活動。2019年に男児出産。リモートワークを基本とし、本人いわく、「アソブロック的に一番何をしているのかよく分からない人」。

更なる詳細はアソブロペディアへ

林 洋平(プロデューサー)

はやしようへい/1977年大阪府生まれ。2012年にJOIN。企業の採用支援のディレクション、企業研修、幼稚園保育園向けのワークショップなどを行う。クライアントにとって、そのモノ・コトに触れる対象者を意識することを大事にしている。元劇団員でもあり、伝説の旅番組『フジヤマツアーズ!』にも出演していた、根っからの旅好き。

更なる詳細はアソブロペディアへ

団 遊(プロデューサー)

だんあそぶ/1974年京都府生まれ。モノやコトをつくるプロセスを「育ちの場」とし「結果を出すのは当然として、関係するすべての人に成長機会を提供すること」を優先して仕事をしている。手がける分野は、メディア編集から出版、地域活性、組織づくり、経営支援まで幅広く、講演機会も多い。夢は自社出版社ホンブロックから発行する「家族の練習問題」シリーズをミリオンセラーにすること。現在累計6万部。ほど遠い。

更なる詳細はアソブロペディアへ

安井 省人(プロデューサー)

やすいまさと/1973年兵庫県生まれ。2004年からアソブロックに参加。企業の組織・人事領域を軸に、あらゆるプロジェクトを担当。編集部運営支援サービスをさまざまな業界業種に展開中。コンテンツマーケティングのアドバイザリー、インハウス化支援、コンサルティングを行う。オウンドメディアの立ち上げ、戦略立案から設計、グロースまで幅広い支援が特徴。「本質的な課題解決に向き合うこと」を信条とし、誰も喜ばない制作には関わらない。

更なる詳細はアソブロペディアへ

南木 威範(プロデューサー)

なんきたけのり/1977年和歌山県生まれ。気づけば最古のスタッフに。化石にならずにいられるのは、自社レーベル「YOU'LL RECORDS(ゆるレコ)」所属チームのおかげか? グループ会社で、東名阪に拠点をもつ「株式会社編集七味」の副代表を兼務(今のところ、こちらは百戦錬磨のベテラン編集者ばかり)。編集領域をメディア(モノ)にとどまらず拡大させ、地域(コト・場所)やアーティスト(ヒト)に広げ実践中。

更なる詳細はアソブロペディアへ

やまさき 薫(スペシャリスト)

やまさきかおる/1981年鹿児島県生まれ。2005年に経理(整理整頓係)としてJOIN。途中2度の出産を経て、現在は出版事業『ホンブロック』の広報と、総務全般を幅広くこなす、アソブロックのお母さん役。また、アソブロックとは別に、ものづくりアトリエ「ヤマコヤ」を主宰し店舗を持つ。雑貨屋の店主、イラストやグラフィックデザイン、ものづくりワークショップなど、もう一つの場所でも幅広くこなす。

更なる詳細はアソブロペディアへ

畑 千歳(スペシャリスト&アソブラボ兼務)

はたちとせ/1993年福岡県生まれ。大手ベンチャー問わず、複数の会社の人事としてキャリアを積む。その傍らで、大学時代に出会ったアソブロックの「成長支援企業」という考え方に共感して再加入。経理と採用支援を主として活動する。お酒の席には必ず姿を現す飲み会クイーン。

更なる詳細はアソブロペディアへ

外岡 太郎(アソブラボ)

とのおかたろう/1990年静岡県生まれ。編集者であり続けたいという想いで、2018年に静岡から上京。単身で東京に居を構え、アソブロックにJOIN。以降、平日は都内で仕事、休日は静岡で家族と過ごす2拠点生活を満喫中。「良い仕事のために、まず自分が楽しむ」をモットーに編集業務に勤しんでいる。現在は、妻と息子に媚を売るなど、存在感の発揮の仕方を模索中。我が家のディスタンスはいつまで続くのか。※仲は良いです

更なる詳細はアソブロペディアへ

浅岡 諒(アソブラボ)

あさおかりょう/1990年岩手県生まれ。コロナ禍真っ只中に、何やっているかよくわからないままアソブロックにJOIN。「編集は世の中にある価値を結びつけて新しい価値を生み出すこと」という団の一言に、「自分がこれまでやってた仕事も編集だったんだ」と目覚め、日々編集の仕事にはげむ。兼業先では中高生の教育に携わっており、人がどうやって成長するのかを日々考えている。

更なる詳細はアソブロペディアへ

小林 麻子(アソブラボ)

こばやしあさこ/1998年愛知県生まれ。説明会で振る舞われたお寿司が美味しくて、2020年の春から新卒で参加。アソブラボで主に編集を担当し、ホンブロックや家族理解ワークショップの運営にも携わる。実家が小さな食品メーカーで、非常によく食べる。本が好き。

更なる詳細はアソブロペディアへ

濱口 さえこ(パートナー)

はまぐちさえこ/東京都生まれ。出版事業『ホンブロック』を担当。一方で裂き織りの作家として活動したり、手紡ぎ・手織り・草木染めのアトリエを主宰したり、土や草木と戯れたり。どの草も雑草と決めつけられないのが弱点。二人の聡明な娘を育て上げ、現在は夫と、くしゃみの真似の上手なコトリと3人暮らし。畑を耕しながら千葉で暮らしている。

土館 弘英(パートナー)

つちだてひろひで/1979年茨城県生まれ。「経歴不問。じゃんけんに3回勝てば即採用」という「じゃんけん採用」に冷やかしで応募したところ、見事3連勝してしまい2005年にアソブロックに参加。企画・編集を学んだ後、2008年に円満退職しフリーランスに。2018年、結婚を機にアソブロックに再参加。現在はフリー編集者としても活躍する、根っからの編集者。趣味は妻。

田家 大知(パートナー)

たけたいち/1974年東京都生まれ。フリーライターを経て、2012年から音楽プロデューサーに。著書に「ゼロからでも始められるアイドル運営」「10年続くアイドル運営術〜ゼロから始めた“ゆるめるモ!”の2507日〜」(いずれもコア新書)がある。重度の音楽オタクで、自らの燃えるニューウェーブ&オルタナ魂があれば音楽史を揺るがす面白い事件を起こせると確信しつづけ、もう10年。

原田 みちる(パートナー)

はらだみちる/1995年福岡県生まれ。YOU’LL RECORDS マネジャー。YouTuberの映像編集もしており、マネジメント業務とあわせてグループの映像編集も行う。飽き性にもかかわらず、甥っ子姪っ子とのテレビ電話とメンバーとのLINEは毎日欠かさない。

木村 愛歌(パートナー)

きむらあいか/1986年埼玉県生まれ。YOU’LL RECORDS スタッフ。デザインに撮影、映像編集にSNS運用と、“好きこそものの上手なれ”の精神で運営業務の主にテクニカル部門をサポートする。が、合間に発動する天然ポカで周囲を唖然とさせることも。大好物のラーメンの食べ過ぎから健康診断の数値も悪いなど、いろいろバランスが残念な人。「行けたら行きます」では、わりと行くタイプ。

辻岡 克敏(パートナー)

つじおかかつとし/1968年宮城県生まれ。ラジオのディレクターからWEB業界へ転身して早20年。プロデューサー・ディレクター・プランナー・マーケター・編集者・ライターと、仕事を広げ過ぎて「自分が何者か説明できない状況」に。団と風体が似ていると言われ続けて早18年。企画を得意とするWEBプロデューサー。

柴崎 真直(アカデミー)

しばさきまなほ/1999年広島県生まれ。何をしているか分からないけど「人を育てる」ことに全力な姿勢に感化され、2020年に新卒採用面接兼「自分のやりたいこと」プレゼンに挑む。結果敗北するも、なんとかインターンとしてアソブロック潜入に成功。人・モノ・コトが前向きに動きだす場所づくりをするため、横浜にある古民家シェアハウスで管理人として修業中。

小林 朋佳(アカデミー)

こばやしともか/2001年長野県生まれ。YOU’LL RECORDSマネジメント補佐。高校時代は軽音部でベースを担当。ライブハウスでのサウンドチェック中に音作りに興味を持ち、PAを志すように。音楽専門学校入学を機に上京するや『ゆるめるモ!』にハマってしまい、思い切って運営スタッフに応募。PAとグループ運営を天秤にかけ、両方やると決めたアンビシャス・ガール。

お気軽にご相談ください。

お問合わせはこちら